バナー

Welcome to my homepage

ライバル

  • 日本における腕時計の2大メーカーのもうひとつがシチズンである。

    ライバルメーカーのセイコーが、「セイコー=服部金太郎」、車の「ホンダ=本田宗一郎」と検索をかければ創業者名が出てくるのに対し、「シチズン」は出てこない。 まさに庶民派の職人集団である。

    1918(大正7)年に「尚工舎時計研究所」として産声をあげた。
    今でも「尚工舎」と検索を掛けると金属地金の加工業者としてその名を残す。
    1924(大正13)年に懐中時計「CITIZEN」を世に送り出し、これがブランド名の「シチズン」の源流である。

    「シチズン」という名前は、その意味するように「市民」に愛され親しまれことを願ったもの。
    英語のシチズンはで市民の意味である。
    この名前をつけたのは、この当時の社長と仲の良かった後藤新平である。

    その後1941(昭和16)年オーソン・ウエルズ主演の映画「CITIZEN Kane」でもシチズンの名が不動の物となった。

    戦後は早く復興を遂げることができ、「セイコー」に次いて2番目の国内時計メーカーとして成長していった。
    1948(昭和23)年に「シチズン時計株式会社」に会社の名前をもとに戻した。

    クオーツ式時計が隆盛を誇るなる前は、電磁テンプタイプの時計についての国産化に、最も早く成し遂げてもいる。
    また、音叉式腕時計の国産化についても、米ブローバ社と共同で「ブローバシチズン」(現・シチズン電子)を立ち上げ成功している。

    JR山手線・高田馬場駅の近辺に「シチズンプラザ」という建物がある。
    ここの正面には歩道に接した植え込みの中に、大きさにして直径 80cmほどの球体の一面を切り落としたようなオブジョがある。
    これは最初の工場が建てられた跡地においての記念碑である。

    ちなみに自分で買った時計も1988年シチズン・ライトハウス(燈台)ブランドだった。ベルトは皮製でメンズにしては小さい。"
ショパールCM